女バレ情報部sato

女子バレーボールのちょっと気になることやどうでも良いことをまとめていきます!

PVアクセスランキング にほんブログ村

【春高バレー女子2021】決勝結果&優秀選手

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

こんにちは。

 

ついに春高バレーも決勝を迎えました!

 

 

 

結果は就実高校優勝!

f:id:pirorikin-58:20210110192158j:plain

おめでとうございます。

 

準優勝は大阪国際滝井

 

第3位は

東九州龍谷

古川学園

 

という結果でした。

 

 

 

最優秀選手は、

深澤めぐみ選手(就実)

 

 

優秀選手は、

深澤めぐみ選手(就実)

深澤つぐみ選手(就実)

鹿嶋明里選手(大阪国際滝井

中本柚朱選手(大阪国際滝井

室岡莉乃選手(東九州龍谷

バルデス・メリーサ選手(古川学園

 

ベストリベロ

小林なづな選手(就実)

 

 

 トーナメントは下記のようになりました。

f:id:pirorikin-58:20210110193047j:plain

 

 

 

決勝の内容は下記の通り

f:id:pirorikin-58:20210110193142j:plain

 

前回大会ベスト8の大阪国際滝井と昨年度インターハイ優勝の就実との対戦。

就実はキャプテン①大賀選手が怪我により出場ならず。

 

1セット目、就実②周田選手のスパイク得点でスタート。

大阪国際滝井は③重田選手のスパイクや⑩中井選手のブロックで連続得点し3-1。

就実も④深澤めぐみ選手のスパイクと⑦平田選手のブロックで連続得点し3-3。

序盤はサイドアウトが続き8-7と大阪国際滝井が一歩リードで1回目のテクニカルタイムアウト

大阪国際滝井は④中本選手のスパイク得点などでブレイクし12-9。

サイドアウトが続く中、大阪国際滝井は③重田選手が就実のエース④深澤めぐみ選手をブロックで止め15-12とする。

その後就実は④深澤めぐみ選手のスパイク得点などで3連続得点し15-15と同点とするが、16-15で大阪国際滝井がリードのまま2回目のテクニカルタイムアウト

しかし就実は②周田選手のブロードや④深澤めぐみ選手のスパイク得点などで6連続得点し16-21と逆転。

大阪国際滝井はセッターを⑤神田選手に交代するも差を縮めることができず1セット目を20-25で就実が取る。

 

2セット目大阪国際滝井ミドルブロッカーに⑦清岡選手をスタメンに起用。

序盤、就実が⑥曽我選手や深澤めぐみ選手のスパイク得点で0-4と連続得点するが、大阪国際滝井も④中本選手や⑦清岡選手のスパイク得点で6連続得点し6-4とすぐに逆転する。

就実はセッターを3年生⑧吉田選手に交代し、⑤深澤つぐみ選手のスパイクなどで連続得点し7-8と更に逆転し1回目のテクニカルタイムアウトを迎える。

サイドアウトが続き、大阪国際滝井は①鹿嶋選手の連続ブロック得点でブレイクし13-13と同点とする。

就実も負けじと⑦平田選手のスパイク得点などでブレイクし14-16とリードで2回目のテクニカルタイムアウト

大阪国際は同点までは追いつくものの逆転ができず、就実は⑤深澤つぐみ選手のスパイクなどで4連続得点し17-21と突き放す。

その後も点差は縮められず20-25と2セット目も就実が取る。

 

3セット目、就実はスタメンセッターを⑧吉田選手に変更。

大阪国際滝井①鹿嶋選手のスパイク得点でスタート。

序盤、大阪国際滝井は③重田選手のスパイク得点や就実の連続ミスで4連続得点し7-3とリードする。

そのまま大阪国際滝井④中本選手のスパイク得点で8-5となり1回目のテクニカルタイムアウト

その後も大阪国際滝井は④中本選手のスパイク得点や⑦清岡選手のフェイントなどで連続得点し14-5と大幅リードし、就実はセッターを⑨岩本選手に交代するも16-6と大阪国際滝井が10点差をつけて2回目のテクニカルタイムアウトとなる。

テクニカルタイムアウト後は就実も反撃し④深澤めぐみ選手のスパイクが4連続で決まり16-10と追い上げる。

その後も就実の④深澤めぐみ選手のスパイクとブロック得点などで3連続得点し17-13と差を縮める。

大阪国際滝井は二枚替えで就実の流れをストップさせ、⑥藤原選手のスパイク得点などもあり20-14と先行して20点台にのせる。

就実も②周田選手のブロックや⑤深澤つぐみ選手のスパイク得点でブレイクし21-18と3点差まで縮める。

しかし大阪国際滝井も粘りをみせ最後は就実④深澤めぐみ選手のスパイクをブロックで止め25-22と3セット目を取り返す。

 

4セット目、就実はスタメンセッターを⑨岩本選手に戻す。

序盤から就実は②周田選手のブロード、⑦平田選手のスパイク得点で3連続得点し1-4。

更に⑥曽我選手のスパイク得点などで3連続得点し2-7とすると、3-8で1回目のテクニカルタイムアウトを就実がリードで迎える。

サイドアウトが続き、就実は②周田選手のスパイクや⑥曽我選手のスパイク得点で4連続得点し9-16で2回目のテクニカルタイムアウト

更に就実は④深澤めぐみ選手のサービスエースや⑦平田選手のスパイクとブロック得点で5連続得点(TO前から含むと9連続得点)し9-21と大幅リードする。

大阪国際滝井は二枚替えをし3連続得点で12-21。

最後も大阪国際滝井は⑭大杉選手や⑰伊藤選手を交代で入れるが就実は4連続得点で②周田選手のサービスエースで25点目を決め優勝。

怪我で出場できず会場で見守るキャプテン大賀選手も涙を見せ優勝を喜んだ。

 

 

 

 

1週間あっという間でしたがとても楽しませて頂いた大会でした。

3年生は引退となりますが1・2年生は来年もあるのでこれからも頑張ってほしいです!

 

f:id:pirorikin-58:20210101235511j:plain

ちなみにこの写真はわたしが昨年の春高バレーの会場で撮影した写真です(^.^)

 

ありがとうございました(^.^)