女バレ情報部sato

女子バレーボールのちょっと気になることやどうでも良いことをまとめていきます!

PVアクセスランキング にほんブログ村

【女子Vリーグ2020‐21】1LEG 1日目振り返り

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

こんにちは(^.^)

 

Vリーグ1の女子の1LEGが終了しましたね。

1LEG1日目(10月17日)を簡単に振り返っていきたいと思います。

 

 

日立リヴァーレ VS ヴィクトリーナ姫路茨城県

日立 3 ー 2 姫路

第1セット 25-16

第2セット 22ー25

第3セット 21ー25

第4セット 25ー20

第5セット 15ー12

日立 通算:1勝0敗 ポイント:2

姫路 通算:0勝1敗 ポイント:1

 

日立は長内選手(OH)がアタック22得点、決定率48.9%の活躍。

タップ選手(MB)もアタック12得点(決定率44.4%)、ブロック5得点の活躍をみせた。

セッターは1~3セットまでルーキーの雑賀選手を起用。(途中で佐藤選手に交代)

 

姫路は他チームと比べて若手中心のチーム。

全てのセットに出場した松本選手(OH)がアタック16得点の活躍。(決定率32.0%)

第2セットから出場したサウスポーの田中選手(OH)がアタック16得点の活躍。(決定率59.3%)

NECから移籍した荒谷選手(MB)も注目である。

 

 

PFUブルーキャッツ VS KUROBEアクアフェアリーズ】石川県

PFU 2 ー 3 KUROBE

第1セット 20-25

第2セット 25ー19

第3セット 25ー19

第4セット 19-25

第5セット 12ー15

PFU 通算:0勝1敗 ポイント:1

KUROBE 通算:1勝0敗 ポイント:2

 

KUROBEはリー選手(OH)がアタック19得点(決定率33.9%)、舛田選手がアタック17得点(決定率37.8%)の活躍。

間橋選手はアタック15得点(決定率41.7%)に加えブロック5得点の活躍をみせた。

 

PFUは高相選手(OH)がアタック20得点(決定率37.7%)の活躍。

全セット2枚替で出場した合屋選手(OH)は早い攻撃が得意な選手、アタック10得点(決定率52.6%)と活躍した。

 

 

【埼玉上尾メディックス VS 東レアローズ】石川県

埼玉上尾 0ー3 東レ

第1セット 20-25

第2セット 18-25

第3セット 14ー25

東レ 通算:1勝0敗 ポイント:3

埼玉上尾 通算:0勝1敗 ポイント:0

 

東レはクラン選手(OH)アタック13得点(決定率39.4%)、黒後選手(OH)アタック9得点(決定率30.0%)、石川選手(OH)アタック11得点(決定率42.3%)と3人のアウトサイドヒッターがまんべんなく得点を決めました。

ミドルブロッカーでは井上選手(MB)がブロック5得点と活躍をみせました。

サーブでは石川選手(OH)が4得点とサーブ効果率37.5と高い数字を残しています。

セッターは3セットとも白井選手が出場しました。

 

埼玉上尾はアウトサイドヒッターの山口選手がミドルブロッカーとして出場。(高校時代はMB)

トヨタ車体から移籍した内瀬戸選手(OH)が開幕から出場しました。

アタックではサンティアゴ選手(MB)が10得点(決定率55.6%)と活躍。

今シーズンから加入のジョセフ選手は3セット目の2枚替で起用されましたが得点はありませんでした。

 

 

【久光スプリングス VS デンソーエアリービーズ佐賀県

久光 3ー0 デンソー

第1セット 25ー23

第2セット 26ー24

第3セット 26ー24

久光 通算:1勝0敗 ポイント:3

デンソー 通算:0勝1敗 ポイント:0

 

久光は引退した新鍋選手のポジションを中川選手(OH)が務めた。

ミドルブロッカーでは若手の荒木選手や濱松選手が出場した。

アタックでは石井選手(OH)が18得点(決定率40.0%)、井上選手が17得点(決定率34.7%)と活躍をみせた。

アキンラデウォ選手(MB)は合流したばかりのため出場はしなかった。

 

デンソーはプラマー選手がアタック10得点(決定率35.7%)の活躍。

鍋谷選手もアタック7得点(決定率26.9%)とブロック2得点の活躍をみせた。

セッターは多彩なトスワークを展開する田代選手が出場しサーブ2得点とサーブでも奮闘した。

 

 

JTマーヴェラス VS 岡山シーガルズ佐賀県

JT 3-0 岡山

第1セット 25-20

第2セット 25-22

第3セット 25ー21

JT 通算:1勝0敗 ポイント:3

岡山:通算:0勝1敗 ポイント:0

 

JTはドルーズ選手(OH)がアタック22得点(決定率52.4%)の大活躍。

林選手(OH)はアタック11得点(決定率42.3%)、サーブレシーブも成功率83.3%と攻守の活躍をみせた。

2枚替で出場する橘井選手も各セット出場しアタック9得点(決定率36.0%)と活躍した。

 

岡山は金田選手(OH)がアタック12得点(決定率37.5%)、渡邊選手(OH)がアタック11得点(決定率45.8%)、吉岡選手(OH)がアタック10得点(決定率27.8%)とアウトサイドヒッターがまんべんなく得点を決めました。

まだ18歳の古川あおい選手(OH)が途中出場したり、ルーキーの船田選手(L)が第2セットにスターティングリベロで出場するなど若手の活躍も垣間見えた。

 

 

 

次回は1LEG2日目(10月18日)の振り返りをお送りします。

 

ありがとうございました(^.^)